ブログ

今年のお話

めちゃくっそ暇なのでブログを更新します。

10月に入って、今年も残り10 11 12…と三ヶ月だけとなりました。

この残り三ヶ月の間にサークルとして何ができるのかメモみたいなのを残しておこうかなあと。

 

取り敢えず、この三ヶ月の間にスタジオ収録を一つ入る予定です。

まだ予定であって、詳細は全く見通しが立ってない状態ですが、ひとまず。

いま手元にある三つの脚本の内、二本を収録する予定ですー。(…残り一本は予算の関係でまだ来年に)

勇者モノの二本をね、収録予定ですよ。

まだ声優さんも決まっていない状態ですが、はてさて。

 

とまあ、この勇者モノを発表できるのが今年、もしくは来年といった具合でしょうか。

うまくいけば12月末に発表できたらなあと思っています。

その間とんでもなく暇なので、二年くらい眠っている状態のシナリオを引っ張ってきて書きあげちゃおうかなと。

「学校一の優等生と言われているけど、ちょっとお試しに引き籠りを実践してみるお話」みたいな感じのを。

論理的思考の成績優秀の所謂優等生な彼女が、最近流行りの引き籠りに興味を示して「よし、試してみよう」と思うーというお話です。

引優等生がいきなり引き籠りになっても学校側は引き籠りと思えないわけですよ。

何の問題もないような優等生なのですから。

だから、普通に学校を休んでいるものとして扱うのですが、そうすると配布物や宿題プリントを彼女の家に届けに行く必要がありますよね。

そんなときに、疎遠になりかけていた近所の幼馴染がプリントを届ける役に抜擢されてなんちゃらかんちゃら~っていう話にする予定です。

10月中に書きあげて、12月頭かそれ以降か…。

ともかく、スタジオ収録が遅れて、今年中に新作を出せなくなるっていうのを回避するために、一本宅録のものを挟もう!という目論見です。

さぁて、どうなることやら…。

こんなこと言いながらね、書き上げられなかったモノが沢山ありますからね。

プロットを完成させておきながら書き上げることができなかった幽霊モノとかありますからね…。

このロリババアは仕方ないので勇者モノに移植させました(やったぜ。

不良女モノもプロットが書けているので、早く書きたいなあ…。

 

とまあ、こんな感じですかね。

二ヶ月に一本の割合で発表できればいいんですが、遅筆はそう簡単には治りませぬよ。

とほほ…

 

ではー。

2014/10/07 雑記   miura

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
絶賛発売中!!
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
第十四作目『添い寝フレンドが手コキフレンドになるまで』 - 妄想研究所